季節ごとの注意点

春-フケ

フケとは牝馬特有の症状で、人間に置き換えると生理現象で、春先から夏前にかけて良く見られます。
一番わかりやすいのは尻尾を振って落ち着きがないときです。
いつもはパドックで落ち着いている牝馬が、今回に限って尻尾を振って落ち着きがない時は疑ってかかって良いです。

夏-夏負け(睾丸腫れ、目)

競争馬も人間と同様に夏に弱い馬がいます。
牡馬限定としては睾丸が腫れている時、牡馬牝馬共通としては目の周りが黒ずんでいる時は夏負けの兆候です。
但し、このような兆候が見られても活気をもって周回している場合は気にする必要がない場合があります。

冬-冬毛

腹回りを中心に出てくる。
牝馬に関しては寒さから身体を守るために生えてくるのでそれほど気にしなくて良いのだが、牡馬に関しては体調面の下降を示している場合が多いので注意が必要。

サブコンテンツ

このページの先頭へ